ペットにアロマは危険?

アロマセラピーで用いる精油(エッセンシャルオイル)やハーブウォーター(芳香蒸留水)の使用においては、正しい知識がないと不安な気持ちが大きく、活用するのも難しいと思われるかもしれません。
特にペットへのアロマケアとなると、体の作りや生理・代謝などの機能が人間とは異なるため、より一層疑問や不安が大きいことでしょう。

「ペットにアロマは危険」と言われていることがあります。
確かに、「猫」や「フェレット」など、精油成分を体内に取り込むことで危険を伴うことはよく知られていますが、精油を使ったアロマケアはできなかったとしても、ハーブウォーターの活用(神経過敏な気持ちを落ち着かせたいときに薄めたローズウォーターでトリートメントをするなど)やフラワーエッセンス療法、マッサージ・指圧、食事療法など、猫やフェレットにしてあげられることはたくさんあります。

「アロマが大丈夫なペットもいる反面ダメなペットもいる」、「精油が大丈夫なペットもいる反面ダメ(または一部の成分がダメ)なペットもいる」、「精油を使う以外のアロマもあり(ハーブウォーターによるケアなど)それであれば大丈夫なペットもいる」というようなことまで説明されていることが少ないことで、ペットアロマにおいては混乱が生じているのが現状です。

安易な「ペットにアロマは危険」という判断でペットアロマケアの扉が閉じられてしまうのは(可能性や良さをわかって頂けないのは)、大変残念なことです。

だからこそ、ペットアロマの正しい知識を元に、正しいケアをしてあげることが大切なのです。

【なぜ猫に精油はNGなのか?】

人や犬、馬などはフェノール系物質が体内に取り込まれても、
それらの物質を無毒化して体外に排出することができますが、
猫やフェレットへの精油の使用は危険を伴うという結果が報
告されています。
猫やフェレットの祖先は肉食動物であり、積極的に植物を体
内に取り込む必要がなかったため、植物の成分を代謝する機
能が十分に整っていないと考えられています。

人間では有効な薬でも、猫には毒物になってしまうことがあります。

例えば、鎮痛剤に含まれるアスピリンや風邪薬に含まれるアセトアミノフェンは、その代表的な薬剤です。人の風邪薬を猫には絶対に投与してはいけないということは良く知られています。
猫の体はアスピリンなどの薬と同様に、オレンジなどの柑橘系精油に多く含まれるモノテルペン炭化水素類、その他アルデヒド類、オキサイド類などの成分に対して許容を持たず、完全に代謝できずに体内に蓄積されることが確認されています。代謝されないということは、結果的には肝臓や腎臓にダメージを与えることになります。
急性毒性の危険もさることながら、長い年月を経て体内に蓄積された物質が中毒レベルに到達し、ある日突然中毒徴候が現れる慢性毒性にも注意が必要です。

猫に限らず、ペットへのアロマケアを行う上でトラブルを未然に回避するためにも・・・

  • ●精油やハーブウォーターは慎重に取り扱う。
  • ●100%天然の良質な精油やハーブウォーターを選ぶ基準を身につける。
  • ●手軽に購入できる精油については、誤用、誤飲すると体への危険性が高まることを認識しておく必要がある。
  • ●ペットアロマケアでは、各動物種の習性や解剖生理学などをきちんと理解する。

など、正しい知識を学び、身につけることが大切です。

アロマのメリット・デメリットをきちんと学び、理解した上で正しく使えば、人にもペットにもとても役立つ自然療法になるのです。

そんな柔軟な心と考えを持って、ペットのウェルビーイングを提案しています。

※PAWが提案するペットアロマは「犬」へのケアがメインになります。