ペットと「共に生きる」ということ

ペットを『飼う』という関わり方よりも、ペットと『共に生きる』という「共存・共生」の関係を大切にしたいものです。

彼らと過ごす時間は、この上なく素晴らしいもの。

縁あって大切な家族の一員になった彼らは、いつも私たちを見守り、時には励ましたり慰めたりしてくれます。

そして、その温かい存在は、私たち人間の暮らしを豊かにしてくれます。

彼らの持つ真っ直ぐでピュアな心が、私たち人間の豊かな情緒を更に育んでくれるのです。

また、彼らは生きること、命が終わることをありのままで見せてくれ、その大切さを教えてくれる存在でもあります。

犬や猫などのペットの寿命は人間に比べてとても短く、人間の時間より彼らの時間は遥かに早く流れています。だからこそ、一緒に生きる一瞬一瞬を大切に、愛をたくさん注いで生きていきたい。

犬だったら犬、猫だったら猫らしく、それぞれの生き方を尊重しながら、人と動物たちが心地良く生きられる環境や幸せな暮らしを創造することは、飼い主の責任感を育みます。そして、ペットを通じて関わるコミュニティや社会には、円滑なコミュニケーションが生まれます。

ペットと『共に生きる』ことは、世の中がより優しく、より豊かになることに繋がります。